TEXT SIZE

標準
ウルトラマンゼロ10th記念連載 ーウルトラマンゼロ ヒーローの極意ー 第1回:異端のヒーロー爆誕 坂本浩一【監督】

ウルトラマンゼロ10th記念連載
ーウルトラマンゼロ ヒーローの極意ー
第1回:異端のヒーロー爆誕 坂本浩一【監督】

坂本浩一

坂本浩一 さかもと・こういち

1970年生まれ。東京都出身。高校卒業後に渡米。スタントマンとしての活動を経て、「Power Rangers」に主要スタッフとして携わる。09年『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』の監督を皮切りに日本国内での活動にも進出。東映でスーパー戦隊や仮面ライダーシリーズの監督を多数手がける他、円谷プロでは『ウルトラマンギンガS』『X』『ジード』などの作品で手腕を振う。他に映画『赤×ピンク』、『破裏拳ポリマー』、ドラマ『モブサイコ100』、『SEDAI WARS』など幅広く活躍中。最新作は『ウルトラマンZ』。

取材・構成◎トヨタトモヒサ

トヨタトモヒサ

東京都出身。玩具店店員、ホビー誌の編集アシスタントなどを経てフリーライターに。現在は「宇宙船」、「映画秘宝」などで活動中。円谷プロ関連では、小中千昭著「光を継ぐために ウルトラマンティガ」(取材パート)や、「丸山浩ウルトラデザイン画集」(取材・編集協力)に関わった他、『ウルトラマンオーブ』以後のニュージェネレーションヒーローズでは、Blu-ray BOXの取材・執筆・構成を担当している。

ウルトラマンゼロは異端のヒーローだった。
従来のウルトラヒーローのような平和の使徒としての存在ではなく、物語を通して葛藤や屈辱を乗り越えヒーローとして成長し、今現在の「ウルトラマンゼロ」という独自のヒーロー像を作り上げた。
それぞれの作品で描かれた「ウルトラマンゼロ」を今一度見つめ直し、「ヒーローの極意」を見出す連載企画。その記念すべき第1回は、ゼロのデビュー作『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』を手掛けた坂本浩一監督の談話をお届けする。