TEXT SIZE

標準
タカハシヒョウリのウルトラマンは電子コラムの夢を見るか?

タカハシヒョウリの“ウルトラマンは電子コラムの夢を見るか?”
第6回 舞台『DARKNESS HEELS~THE LIVE~』
稽古場スペシャルレポート!

タカハシヒョウリ

タカハシヒョウリ たかはし・ひょうり

ロックバンド「オワリカラ」のボーカル・ギターであり、ソロ、楽曲提供、プロデュースなど様々なスタイルでも活動する音楽家。また、自身の「特撮愛」が高じて、特撮音楽をバンドサウンドで表現する「科楽特奏隊」を仲間たちと結成。MVでウルトラセブンと共演、「おはスタ(テレビ東京)」に出演も果たす。
その様々な文化への深い造詣と偏愛から、カルチャー系媒体への連載やコラム寄稿、番組出演など多数。
twitterアカウント @TakahashiHyouri

『TSUBURAYA・GALAXY』読者の皆様、“闇”はウズいてますか?
恥ずかしがることはありません。誰もが闇に憧れる心を持っているのです。
時に「中二病」などとも言われる闇への憧れ…それが数多くの名作や悪役キャラクターを生み出してきました。
そう、ウルトラマンシリーズにも、光のヒーローであるウルトラマンに対して、ダークヒーローとも言える闇のウルトラマンたちが登場します。
「怪獣」とも違う魅力を持った彼らは、闇に魅入られたファンの心を掴んで離しません。
そんな闇のウルトラマンの魅力を全開で楽しめちゃう新シリーズ『DARKNESS HEELS』が衝撃の舞台化! しかもベリアル、ジャグラス ジャグラー、イーヴィルティガ、ダークザギ、カミーラという5体の闇の化身を演じるのは“生身の人間”!
今回は、2.5次元舞台のエッセンスをウルトラマンシリーズに注ぎ込んで“闇”鍋的にグツグツ煮込んだ新たな挑戦『DARKNESS HEELS~THE LIVE~』の稽古場にお邪魔して、ベリアル役・校條(めんじょう)拳太朗さん、ジャグラー役・谷佳樹さん、カミーラ役・相楽伊織さんにお話を聞いてきました。

ベリアル役・校條拳太朗さん、
理性で押さえている部分も放出できる

タカハシ:ハードな稽古の合間に、ありがとうございます! アクションの量と熱がハンパじゃないですね。見学させていただいたのですが、校條さんはベリアルの帝王っぷりを全身でイキイキと演じてますね。

校條:そうですね、こういう役はなかなか無いじゃないですか。「陛下!」っていうか(笑)。楽しみながらやらせてもらってますね。

タカハシ:役者さんとして“悪役”を演じる醍醐味っていうのは、やはり感じますか?