TEXT SIZE

標準
タカハシヒョウリのウルトラマンは電子コラムの夢を見るか?

タカハシヒョウリの“ウルトラマンは電子コラムの夢を見るか?”
第7回 テレビアニメ『かいじゅうステップ ワンダバダ』
ナレーション 中尾明慶インタビュー

タカハシヒョウリ

タカハシヒョウリ たかはし・ひょうり

ロックバンド「オワリカラ」のボーカル・ギターであり、ソロ、楽曲提供、プロデュースなど様々なスタイルでも活動する音楽家。また、自身の「特撮愛」が高じて、特撮音楽をバンドサウンドで表現する「科楽特奏隊」を仲間たちと結成。MVでウルトラセブンと共演、「おはスタ(テレビ東京)」に出演も果たす。
その様々な文化への深い造詣と偏愛から、カルチャー系媒体への連載やコラム寄稿、番組出演など多数。
twitterアカウント @TakahashiHyouri

9月27日よりNHK Eテレでスタートした『かいじゅうステップ ワンダバダ』。
ウルトラ怪獣が小さくなった「こどもかいじゅう」たちが、K10星雲チョーチイ星を舞台に出会いとふれ合いを通して成長していくショートアニメ作品だ。
先日開催されたメディア向けの記者発表では、主要キャラを担当する声優陣の皆様や、主人公であるピグちゃんも登場し、番組の先行上映も行われた。

「はじめのいっぽ」をテーマに未就学児をメインターゲットに制作されたこの作品だが、とっくに大人になった僕も面白く見れて、ところどころでホロリと来たりしている。
なにより、きはらようすけさんがデザインし、声優さんたちが命を吹き込んだ「こどもかいじゅう」たちがめちゃくちゃ可愛くて…(僕の推しかいじゅうは対談の中で)。
また、隕石に入って池に落下するピグちゃん(ピグモン)、おしりからジェットを吹き出し飛び上がるカネちゃん(カネゴン)、と短い時間の中にウルトラファン向けの小ネタも満載だ。
そして、この作品で優しい語り口のナレーションを担当しているのが、様々な作品で活躍する俳優の中尾明慶さんである。
言うなれば『ウルトラQ』での石坂浩二ポジションを担う中尾さんに、作品にかける思い、家族でのウルトラマンシリーズの楽しみ方などを聞く貴重なインタビューをさせていただいた!

出来上がった作品を見せた時に
「え!パパの声じゃん!」って
凄い驚いてましたね

タカハシヒョウリ(以下タカハシ):タカハシヒョウリと申します、よろしくお願いします!

中尾明慶さん(以下中尾):よろしくお願いします!