TEXT SIZE

標準
円谷怪獣のひみつ

円谷怪獣のひみつ

切通理作

(撮影・杉本晋一)

切通理作 きりどおし・りさく

1964年、東京都生まれ。文化批評。『怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち』『怪獣少年の<復讐> 70年代怪獣ブームの光と影』(洋泉社)『お前がセカイを殺したいなら』(フィルムアート社)『ある朝、セカイは死んでいた』(文藝春秋)『山田洋次の<世界>』(ちくま新書)『ポップカルチャー・若者の世紀』(廣済堂出版)『失恋論』(角川書店)ほか多数。『宮崎駿の〈世界〉』(現ちくま文庫)でサントリー学芸賞受賞。2013年12月より、日本映画批評メルマガ『映画の友よ』(夜間飛行)を配信中。それが昂じて初監督作品『青春夜話 Amazing Place』(アルバトロスよりDVD化)、責任編集の雑誌『シネ★マみれ』を作る。

第11回 ウルトラマン、それは未来の友?

 60年代当時、『スーパーマン』『インベーダー』『スター・トレック』等、海外のSFドラマには、内容的な最終回のないものが多かった。シーズンごとの放映なので、人気なら継続し、そうでなければそのまま続きは作られないのが当り前だったのだ。
 しかし日本のドラマの場合、登場人物が役割を終えて去っていったり、仲間と別離するといった、明確な終わりが示されることが多い。そしてウルトラマンシリーズは、一話完結が主でありながら、必ず、ウルトラマンと人間が離れ離れになるという終わりがある。
 初代の『ウルトラマン』の最終回、ウルトラマンは、第1話で一心同体になったハヤタ隊員の身体から分離し、故郷のM78星雲・光の国に還っていく。
 迎えに来た宇宙警備隊のゾフィーは、ウルトラマンに言う。「地球の平和は、人間の手でつかみ取ることに価値がある。ウルトラマン、いつまでも地球にいてはいかん」