TEXT SIZE

標準
山田まりやのマイ☆リメンバー

山田まりやのマイ☆リメンバー
第2回 母親として見るウルトラマン

山田まりや

山田まりや やまだ・まりや

1980年3月5日愛知県生。1996年デビューし、第1回ミスヤングマガジングランプリを受賞。グラビアアイドルとして、また数多くのバラエティ番組で活躍。『ウルトラマンダイナ』でミドリカワ・マイを演じる。その後も女優としてテレビや舞台でも活躍。2013年、難病クローン病との10年にわたる闘病生活を公表。2008年舞台俳優の草野徹と結婚し2012年男児を出産。執筆業としても『食事を変えたら、未来が変わった!』等の著書がある。

インタビュー:皐月 彩

皐月 彩 さつき・あや

脚本家。1994年生まれ。エジプト出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、円谷プロダクション『ウルトラマンジード(2017)』の制作に携わり、翌年2018年に脚本家として独立。『ウルトラマンシリーズ』『忍者ハットリくん』など、子ども番組を中心に作品を手掛けている。

——第2回を迎えました! 前回の記事は、マイ隊員の色々なお話が読めて嬉しかった!と、とっても好評だったそうです! 今回もよろしくお願いします!

山田:お願いしまーす!

——今回は、「お母さん目線」の山田まりやさんのお話を聞いて行きたいと思っています。
山田さんはインスタグラムでよく、息子さんの写真をアップされてますよね!

山田:はい! いっつも一緒に出掛けてます。ウルトラマンのイベントももちろんだし、一緒にバラエティに出演することもあるんですよ。

自分が小さい時とは子ども向けコンテンツもどんどん様変わりしていて、私も一緒に連れて回りながらも楽しんでいます。

——山田さんの小さいころと比べて、今の特撮シーンにはどんな印象をお持ちですか?

山田:うちの息子を見ててすごく羨ましいな、と思うのは、テレビを見ながら、夏のウルフェス、冬はEXPOとウルトラマンに会えるイベントをたくさんやっていること。うちの家族とかでも当たり前に行くようになったし、他の特撮モノでも、常にヒーローとふれあえる機会が今はありますよね。

私のころはデパートの上で、司会のお姉さんが「みんな頑張れって言ってー!」みたいな感じで、ちょこっとだけ怪人と戦う、みたいなヒーローショーが多かったけど、今の子たちはプロジェクションマッピングだったり、沢山のヒーローが会場を駆け回ったりする豪華な演出を見ている……。お金のかけ方が全然違いますよね。ワイヤーアクションなんてヒーローショーで観れた日には本当に驚きましたよ。

私も小さいころ、今の子たちが見ているような舞台を見てたら、ドはまりしてたなあと思います。