TEXT SIZE

標準
円谷怪獣のひみつ

円谷怪獣のひみつ

切通理作

(撮影・杉本晋一)

切通理作 きりどおし・りさく

1964年、東京都生まれ。文化批評。『怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち』『怪獣少年の<復讐> 70年代怪獣ブームの光と影』(洋泉社)『お前がセカイを殺したいなら』(フィルムアート社)『ある朝、セカイは死んでいた』(文藝春秋)『山田洋次の<世界>』(ちくま新書)『ポップカルチャー・若者の世紀』(廣済堂出版)『失恋論』(角川書店)ほか多数。『宮崎駿の〈世界〉』(現ちくま文庫)でサントリー学芸賞受賞。2013年12月より、日本映画批評メルマガ『映画の友よ』(夜間飛行)を配信中。それが昂じて初監督作品『青春夜話 Amazing Place』(アルバトロスよりDVD化)、責任編集の雑誌『シネ★マみれ』を作る。

第12回 『ウルトラセブン』、それは最大の異色作?

 『ウルトラセブン』は、『ウルトラQ』からの通算では3作目だが、巨大ヒーローとしてのウルトラマンの仲間が登場するものとしては第2作目にあたる(ちなみに、「ウルトラ兄弟」という設定は、まだ生まれていない)。
 長寿化したシリーズにとって、第2作目は、全体の中では一番異質な、ある意味トンがったものになりやすい。
 たとえばゴジラシリーズでも、2作目『ゴジラの逆襲』(1955)は、1作目の舞台が東京であったことから大阪を舞台にして、怪獣災害を前にした関西商人の頑張りを描いた庶民目線の異色作。民間機のパイロットが自衛隊機と共に空中からゴジラと対決するクライマックスも他に例を見ない。一方、ゴジラと敵怪獣の戦いが初めて描かれるが、後の作品のようなプロレス技的なものの応酬や、怪獣を擬人化するユーモラスな要素はなく、動物同士の殺し合いという印象が強い。
 10年以上シリーズが続いていった後ならば、その中から、支持された要素とあまり受けなかった要素の判断や、「このシリーズといえばこれが定番」という一般の認識がどの辺にあるのか、見当がつく。