TEXT SIZE

標準
山田まりやのマイ☆リメンバー

山田まりやのマイ☆リメンバー
第3回 こんなTSUBURAYAグッズが欲しい!

山田まりや

山田まりや やまだ・まりや

1980年3月5日愛知県生。1996年デビューし、第1回ミスヤングマガジングランプリを受賞。グラビアアイドルとして、また数多くのバラエティ番組で活躍。『ウルトラマンダイナ』でミドリカワ・マイを演じる。その後も女優としてテレビや舞台でも活躍。2013年、難病クローン病との10年にわたる闘病生活を公表。2008年舞台俳優の草野徹と結婚し2012年男児を出産。執筆業としても『食事を変えたら、未来が変わった!』等の著書がある。

インタビュー:皐月 彩

皐月 彩 さつき・あや

脚本家。1994年生まれ。エジプト出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、円谷プロダクション『ウルトラマンジード(2017)』の制作に携わり、翌年2018年に脚本家として独立。『ウルトラマンシリーズ』『忍者ハットリくん』など、子ども番組を中心に作品を手掛けている。

——今回は、お子さんもいらっしゃる山田まりやさんに、TSUBURAYAグッズの思い出についてお話をしていただこうと思います! よろしくお願いします!

山田
よろしくお願いしまーす!

——山田さんのおうちには、どのくらいウルトラマンのグッズがありますか?

山田
前はウルトラマンのソフビが200体、怪獣が300体ずつくらいあったんですけど、子どもも人形遊びをしない年齢になってきたので、施設に寄付させていただきました。
うちで買ったものだけではなくて、おさがりでもらうことも多かったんですよね。くれた人も、実は誰かに譲ってもらったものだったり。そう思うと世代を超えて、色々な人の手を回ってきたキャラクターたちの凄さを感じますよね。

おもちゃ以外でまだ使用しているものだと、なりきりパジャマとか、水筒とかの日用品グッズが多いですね! 私はハンカチをよく使っています。