TEXT SIZE

標準
円谷怪獣のひみつ

円谷怪獣のひみつ

切通理作

(撮影・杉本晋一)

切通理作 きりどおし・りさく

1964年、東京都生まれ。文化批評。『怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち』『怪獣少年の<復讐> 70年代怪獣ブームの光と影』(洋泉社)『お前がセカイを殺したいなら』(フィルムアート社)『ある朝、セカイは死んでいた』(文藝春秋)『山田洋次の<世界>』(ちくま新書)『ポップカルチャー・若者の世紀』(廣済堂出版)『失恋論』(角川書店)ほか多数。『宮崎駿の〈世界〉』(現ちくま文庫)でサントリー学芸賞受賞。2013年12月より、日本映画批評メルマガ『映画の友よ』(夜間飛行)を配信中。それが昂じて初監督作品『青春夜話 Amazing Place』(アルバトロスよりDVD化)、責任編集の雑誌『シネ★マみれ』を作る。

第13回 モロボシ・ダン、それは僕らの仲間

 私は東京で生まれ育ったが、小学生の頃のたしか夏休みの午前、TBSで『ウルトラセブン』、フジテレビで『ウルトラマン』の再放送を真裏でやっていた。ともに本放送はTBS系列だが、一度放映が終わった番組を他局でやることもあったのだ。
 両方が観たかった私は、途中でチャンネルをガチャガチャせわしなく換えてみたりした。その際、ハッキリと記憶に残っているのが、『ウルトラマン』は青空の下が映える科学特捜隊のオレンジの制服が印象的だが、『セブン』はウルトラ警備隊のブルー・グレイの制服がスタイリッシュで、夜の場面が印象的なドラマである……ということだった。
 大人になって、『ウルトラセブン』脚本家の1人であった市川森一の、子ども番組のシナリオ集を作る出版社で編集者をしていた私は、その市川氏が『私が愛したウルトラセブン』という、『セブン』に関わった人々の群像劇をドラマ化する作品の脚本を書いている時、ある「頼まれ事」をしたことがある。
 それは、セブンが夜に戦っている場面がどの回なのか、抜き出してメモしてほしいという事であった。市川氏もまた「セブンは夜の戦いが印象的だった」という思いがあったのである。書き上がった『私が愛したウルトラセブン』の脚本の冒頭には、セブンの夜の戦いが名場面集的に入る指定がなされていた(但し、実際に作られたドラマでは変更されている)。