TEXT SIZE

標準
怪獣プロファイル ケース2「ガラモン」

怪獣プロファイル
ケース13「レッドキング」

秋廣泰生

秋廣泰生 あきひろ・やすお

1967(昭和42)年生まれ。鹿児島県出身。
1980年代後半より、円谷プロ製作部/営業部でウルトラマンシリーズや円谷プロ作品を収録した黎明期のビデオ、レーザーディスクの制作(本編映像完パケ/映像特典、封入解説書執筆ほか印刷物全般)を担当。以降、円谷プロ作品のCD制作(曲構成・封入解説書執筆)、DVD制作(映像特典構成・演出、封入解説書執筆)に携わる。
CSファミリー劇場にて放送された、当時のスタッフや出演者をゲストに作品を紹介していく番組『ウルトラ情報局』では全話の構成・演出を担当。
その他、『バラサでブースカ』『ウルトラマンボーイのウルころ』『ウルトラマン列伝』で番組の構成・演出を、『帰ってきたアイゼンボーグ』ではドキュメンタリーパートの監督を務めた。
現在も、ウルトラマンシリーズや円谷プロ作品のCD、DVD、Blu-rayほか封入解説書執筆や、映像特典制作、書籍の執筆などを手掛けている。

生み出されるべくして生み出された決定版怪獣!

 『ウルトラマン』第2話(制作上は第1話)に登場するバルタン星人。その容姿も映像も、現在の目で見てもなお、斬新なイメージに満ち溢れている。
 それはもちろん、多くのスタッフにとっても驚きの体験だった。放送に先立つフィルム試写では、どよめきや感嘆の声があがったほどだという。これによって『ウルトラQ』にかわる新シリーズへの期待が一気に高まったのはもちろん、物語や怪獣の創造に直接携わるスタッフの熱気をも更にもり上げた…『ウルトラマン』の決定版怪獣を生み出そうと!

 その思いは、TBSの海外合作ドラマの演出を終えて帰国した円谷一監督が『ウルトラマン』第1話(制作第9話)「ウルトラ作戦第一号」と共に手掛ける第8話(制作第8話)「怪獣無法地帯」の登場怪獣に結実する。すなわち、どくろ怪獣レッドキングの誕生である。

 振り返れば『ウルトラマン』は、巨大な超人ヒーローが主役であることで、これに対する怪獣は『ウルトラQ』の登場怪獣が見せた能力や個性を上回る魅力を持ち、それらを支える物語性が加わることで、一層飛躍した展開が可能になる…バルタン星人は、そうした『ウルトラマン』の制作上のコンセプトを明確化させた、シンボル的存在に昇華していたとも言えるだろう。

 レッドキングのデビュー作となる第8話「怪獣無法地帯」は、地震と火山活動によって、怪獣たちが争いを繰り広げる弱肉強食の世界となった多々良島が舞台である。中でもレッドキングは最も強い怪獣とされ、別名の“どくろ怪獣”は、頭蓋骨を想像させる様な硬質感や掘り、隆起を持った頭部に由来するという。