TEXT SIZE

標準

平成ウルトラマンシリーズのデザインの魅力
丸山浩氏 特別インタビュー

切通理作

(撮影・杉本晋一)

切通理作 きりどおし・りさく

1964年、東京都生まれ。文化批評。『怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち』『怪獣少年の<復讐> 70年代怪獣ブームの光と影』(洋泉社)『お前がセカイを殺したいなら』(フィルムアート社)『ある朝、セカイは死んでいた』(文藝春秋)『山田洋次の<世界>』(ちくま新書)『ポップカルチャー・若者の世紀』(廣済堂出版)『失恋論』(角川書店)ほか多数。『宮崎駿の〈世界〉』(現ちくま文庫)でサントリー学芸賞受賞。2013年12月より、日本映画批評メルマガ『映画の友よ』(夜間飛行)を配信中。それが昂じて初監督作品『青春夜話 Amazing Place』(アルバトロスよりDVD化)、責任編集の雑誌『シネ★マみれ』を作る。

 『ウルトラマンダイナ』といえば、なんといってもつるの剛士演じるアスカ隊員の破天荒なまでの勢いが鮮明に思い浮かぶ。やんちゃな明るさ、パワー、負けず嫌い……キャラクターデザインを担当した丸山浩さんによるアートワーク「ダイナ編」は、そんなアスカ隊員が初めてウルトラの光に遭遇した時のことを想起させる。
 けれど、その再現ではない。ドラマの中では、光に包まれたアスカ自身がダイナとなるわけだが、今回のイラストでは、ダイナと、ダイナを見上げているアスカの姿が一つの構図に収められている。
 そして、いま私は「アスカ」が描かれていると記したが、背中を見せている、このスーパーGUTS隊員がアスカ隊員かどうかは、このイラストを見る人それぞれに委ねられてもいるだろう。
 ひょっとしたらそれは、隊員服を着た気分になってドラマ世界に没入する、視聴者である僕たちの分身なのかもしれない……なんて考えてみたりもする。
 つるの氏自身、肩の力を抜いて「そのへんの男の子が出ている感じ」でアスカ役を演じていたと振り返っていた。これは、人間とウルトラマンとの出会いを象徴化した絵にもみえるのだ。  アスカは元気いっぱいの一方で、どこかシニカルな面もあった。そこに、さみしげな素顔を隠し持っているような、等身大の人間だった。アスカに、「巨人」ウルトラマンへの畏怖の念があるとしたら、それは彼が追いつこうとしていた父の背中だったのかもしれない。平成のウルトラマンの前に昭和のウルトラマンがあるように、そこには世代をつなぐバトンも存在したであろう。
 丸山浩さんは、『ダイナ』含め平成初期三部作で「監修」だった高野宏一さんから、ウルトラマンのマスクに宿った精神を引き継いでほしいと託された。円谷プロの創始者・円谷英二監督のもとで若い時から働き、初代ウルトラマンでも特撮を演出してきた高野さんからは、一方で自分たちの真似事に甘んじていていいのか。「これからはお前たちで新しいものを作れ」とハッパをかけられたこともある。