TEXT SIZE

標準
山田まりやのマイ☆リメンバー

山田まりやのマイ☆リメンバー
第6回 お家時間の過ごし方と企画発表!

山田まりや

山田まりや やまだ・まりや

1980年3月5日愛知県生。1996年デビューし、第1回ミスヤングマガジングランプリを受賞。グラビアアイドルとして、また数多くのバラエティ番組で活躍。『ウルトラマンダイナ』でミドリカワ・マイを演じる。その後も女優としてテレビや舞台でも活躍。2013年、難病クローン病との10年にわたる闘病生活を公表。2008年舞台俳優の草野徹と結婚し2012年男児を出産。執筆業としても『食事を変えたら、未来が変わった!』等の著書がある。

インタビュー:皐月 彩

皐月 彩 さつき・あや

脚本家。1994年生まれ。エジプト出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、円谷プロダクション『ウルトラマンジード(2017)』の制作に携わり、翌年2018年に脚本家として独立。『ウルトラマンシリーズ』『忍者ハットリくん』など、子ども番組を中心に作品を手掛けている。

——緊急事態宣言が解除になって、今後第二波を避けながら過ごしていく、というのが続きそうですね。今回は、もう少し家で過ごすために見られる映像コンテンツについて、お話していきたいと思います! 山田さんは、おうちで過ごしているときに録画したテレビをご覧になったりしているんですよね。

山田 はい!バラエティ番組や子供番組を、子供とお昼までに見てますね~。

——おうち時間を過ごすことで、その時間もかなり長くなったんじゃないですか?

山田 どうしてもね。でもずっとテレビを見て過ごしていると、やっぱり筋肉がどんどん落ちてきちゃうんですよ。だから、テレビのラジオ体操とか、ヒーローと踊ってみよう!みたいな映像を見て適度に体を動かすようにしています。
生活が元に戻ったときもそうだし、健康を考えてもちょっと今の状況をダラダラと続けるわけにもいかないなあ、と思って。

道具をいっぱい買ったりしていると、飽きたときに場所を取るし、使いこなすまでも時間がかかっちゃうので、自分の体一つでできるような体操を選んで、ムネくんといっしょに楽しんでいます。 映像で体操する、という習慣があると天候に左右されず体を動かせるからいいですよね。