TEXT SIZE

標準
タカハシヒョウリのウルトラマンは電子コラムの夢を見るか?

タカハシヒョウリの“ウルトラマンは電子コラムの夢を見るか?”
第16回 オンラインウルフェス×ギャラクシー 企画会議

タカハシヒョウリ

タカハシヒョウリ たかはし・ひょうり

ロックバンド「オワリカラ」のボーカル・ギターであり、ソロ、楽曲提供、プロデュースなど様々なスタイルでも活動する音楽家。また、自身の「特撮愛」が高じて、特撮音楽をバンドサウンドで表現する「科楽特奏隊」を仲間たちと結成。MVでウルトラセブンと共演、「おはスタ(テレビ東京)」に出演も果たす。
その様々な文化への深い造詣と偏愛から、カルチャー系媒体への連載やコラム寄稿、番組出演など多数。
twitterアカウント @TakahashiHyouri

今年の「ウルトラマンフェスティバル2020」は、残念ながら中止となってしまいました。記念すべき30回目のウルフェスは未来に持ち越しとなったわけですが、こういう時だからこそオンラインでウルフェスを楽しみたい!ということで、今回の連載ではギャラクシー「オンラインウルフェス企画会議」の模様をお送りしようと思います。タカハシヒョウリが考えた「オンラインでやってほしいウルフェス企画案」をウルフェス担当の平間大輔さんにプレゼンしていきます。最終的にギャラクシーならではのウルフェスにまつわる企画が誕生する…?


タカハシ 今日は、僕自身がお客さん目線でやってほしいことをウルフェス担当の平間さんにゴリゴリとプレゼンさせていただきたいと思っています。よろしくお願いします!

平間 よろしくお願いします!

タカハシ 早速なんですが、ウルフェスの要素っていうのは大きく5つに分けられると思うんです。つまり「ステージ」「展示」「イベント」「ミーティング」、そして「グッズ」です。
この5つの要素をオンラインでしか出来ないような形で体験できたら、リアルに負けないようなウルフェス体験が提供できるんじゃないかと。