TEXT SIZE

標準
ウルトラマン・インパクト!

ウルトラマン・インパクト!
巨大ヒーロー降臨の衝撃 1966

対談ホスト 清水節

清水 節 しみず・たかし

1962年、東京都生まれ。映画評論家・クリエイティブディレクター。「PREMIERE日本版」「STARLOG日本版」等での編集執筆を経て、「映画.com」「シネマトゥデイ」「FLIX」等で執筆、ニッポン放送等に出演。著書に「いつかギラギラする日  角川春樹の映画革命」「新潮新書 スター・ウォーズ学」等。WOWOWのドキュメンタリー番組「ノンフィクションW/撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画制作でギャラクシー賞、国際エミー賞受賞。

ゲスト 三池敏夫(特技監督・特撮美術監督)

三池敏夫 みいけ・としお

1961年、熊本県出身。1984年、九州大学工学部卒業、株式会社特撮研究所入社。『兄弟拳バイクロッサー』(1985年)『超人機メタルダー』(1987年)『仮面ライダーBLACK RX』(1988年)などに参加後、フリーとなる。主な参加作品は『ガンヘッド』(1989年)『帝都大戦』(1989年)『ゴジラvsキングギドラ』(1991年)『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995年)『戦国自衛隊1549』(2005年)『男たちの大和 / YAMATO』(2005年)『日本沈没』(2006年)『のぼうの城』(2012年)、『ウルトラマンサーガ』(2012年)など数々の作品に関わり、「シン・ゴジラ」(2016)では特撮美術を担当。

——来るべき円谷プロの新作『シン・ウルトラマン』に向けて、その原典・原作に相当する『ウルトラマン』の魅力を多角的に分析していくという本企画。特技監督・特撮美術監督の三池敏夫さんと一緒に進めていきます。今回のお題は、映像作品を成立させるうえにおいては欠けてはならない重要な要素、「美術」になります。

Chapter2:特撮技術と『ウルトラマン』
ゲスト 三池敏夫(特技監督・特撮美術監督)

第5回 「美術」
『ウルトラマン』はまさにザ・成田 亨ワールド!

(文・構成:円谷プロダクション)

成田ワークスの最高峰、その名はウルトラマン!

清水:『ウルトラマン』を美術の面から語っていくとなると、どうしても美術を全統括して見ていた成田 亨さんの存在を抜きにしては語れないですね。やはり、特撮作品において、キャラクター創造ということもそうですが、セットデザイン、衣裳や小道具、特撮のミニチュアを用意するなど、様々な役割を担う意味でも、美術部門が果たす役割というのは、非常に大きなものがあると思うんですが。