TEXT SIZE

標準
ウルトラマンゼロ10th記念連載 ―ウルトラマンゼロ ヒーローの極意―

ウルトラマンゼロ10th記念連載
―ウルトラマンゼロ ヒーローの極意―
第2回:仲間との出会い 隠田雅浩【チーフプロデューサー】

隠田雅浩

隠田雅浩 おんだ・まさひろ

SFX/VFXプロデューサーとして『HINOKIO』、『魍魎の匣』、『鎧 サムライゾンビ』、『偉大なる、しゅららぼん』などがある。現在は円谷プロ製作本部エグゼクティブマネージャー兼製作部ゼネラルマネージャーとして『ウルトラマンZ』、『KAIJU DECODE 怪獣デコード』『かいじゅうのすみか VRアドベンチャー』など多数の作品に携わっている。

取材・構成◎トヨタトモヒサ

トヨタトモヒサ

東京都出身。玩具店店員、ホビー誌の編集アシスタントなどを経てフリーライターに。現在は「宇宙船」、「映画秘宝」などで活動中。円谷プロ関連では、小中千昭著「光を継ぐために ウルトラマンティガ」(取材パート)や、「丸山浩ウルトラデザイン画集」(取材・編集協力)に関わった他、『ウルトラマンオーブ』以後のニュージェネレーションヒーローズでは、Blu-ray BOXの取材・執筆・構成を担当している。

作品に関わったスタッフの証言から今一度、ウルトラマンゼロの魅力に迫らんとする連載企画「ウルトラマンゼロ10th記念連載 ―ウルトラマンゼロ ヒーローの極意―」。
第2回は『ウルトラマンゼロ THE MOVIE超決戦! ベリアル銀河帝国』でチーフプロデューサーを務めた隠田雅浩さんにお話をうかがってみた。
『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』を経て、作品タイトルにも名前を冠することとなったウルトラマンゼロに課せられた試練とは? そして旅を通じて出会った人々といかにして絆を芽生えさせたのか。
数々の製作秘話と共に作品の裏側に迫ってみた。