TEXT SIZE

標準
ウルトラマンゼロ10th記念連載 ―ウルトラマンゼロ ヒーローの極意―

ウルトラマンゼロ10th記念連載
―ウルトラマンゼロ ヒーローの極意―
第3回:喪失 金光大輔×足木淳一郎 対談

金光大輔

金光大輔 かねみつ・だいすけ

『ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』(2010)より円谷プロ映像作品に参加。『ウルトラマン列伝』(2011)にてプロデューサーデビュー。現在は『かいじゅうステップ ワンダバダ』(2019)や今冬公開の『ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』など多数の作品に携わっている。

足木淳一郎

足木淳一郎 あしき・じゅんいちろう

円谷プロ映像作品には『ウルトラマン列伝』(2011)より構成、音響効果として参加。現在放送中の『ウルトラマンZ』ではコ・プロデューサーを務める。今冬公開の『ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』では前作に引き続き脚本を担当する等、作品に幅広く携わっている。

取材・構成◎トヨタトモヒサ

トヨタトモヒサ

東京都出身。玩具店店員、ホビー誌の編集アシスタントなどを経てフリーライターに。現在は「宇宙船」、「映画秘宝」などで活動中。円谷プロ関連では、小中千昭著「光を継ぐために ウルトラマンティガ」(取材パート)や、「丸山浩ウルトラデザイン画集」(取材・編集協力)に関わった他、『ウルトラマンオーブ』以後のニュージェネレーションヒーローズでは、Blu-ray BOXの取材・執筆・構成を担当している。

作品に関わったスタッフの証言から今一度、ウルトラマンゼロの魅力に迫らんとする連載企画「ウルトラマンゼロ10th記念連載 -ウルトラマンゼロ ヒーローの極意-」。
第3回は『ウルトラゼロファイト』でプロデューサーを務めた金光大輔さんと
第1部では効果、第2部では脚本を手掛けた足木淳一郎さんにご登場いただいた。当時放送中だった『ウルトラマン列伝』の枠内で企画された久々のテレビ新作であり、ニュージェネレーションシリーズを経て、現在放送中の『ウルトラマンZ』へ至る布石として、そして「ファイトシリーズ」の第一作としてもエポックな作品であったと思う。その企画立ち上げ、そして製作の裏側——。継続的なテレビシリーズのない時代の様々な苦労と創意工夫など、今だからこそ明かせる貴重なエピソードの数々を語り合っていただいた。