TEXT SIZE

標準
濱田龍臣のウルトラEYE!

濱田龍臣のウルトラEYE!
第17回 あのエピソードを語りたい!
~「真の勇者」「絆-ネクサス-」編~

濱田龍臣

濱田龍臣 はまだ・たつおみ

2000年千葉県生まれ。俳優。
幼いころから子役として活動。
2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』で坂本龍馬の幼少期を演じ注目を集める。
その後も、『ウルトラマンジード』、『花のち晴れ~花男NextSeason~』など数多くの作品に出演。
映画、ドラマ、バラエティと多方面で活躍中。

大のウルトラマン好きである。

今回は第13回・第15回に続きまして、「濱田龍臣に語ってほしい、あのウルトラマンシリーズエピソード」パート3をお送りします。今回お届けするエピソードは、第15回のラストにご本人からの提案を受けた形で決まった2本です。『ウルトラマンコスモス』の最終回(第65話)「真の勇者」と、『ウルトラマンネクサス』の最終回(第37話)「絆-ネクサス-」。
濱田さんにとっても、思い入れの深い2つの最終回。読者のみなさんも、憧れたヒーローとの別れ、親しみを寄せたキャラクターたちとの別れ、そして毎週、楽しんで観ていた「番組」との別れに、感傷的になった記憶をそれぞれお持ちではないでしょうか。

そんなわけで早速、本編へと進んでいきたいところですが、実は前回(第16回)、「ウルトラ怪獣しりとり」コーナーが盛り上がりすぎたために紹介できなかった、もうひとつのゲーム企画がありました。時を戻して、まずはそちらのコーナーから……。