TEXT SIZE

標準
日本人とウルトラマン

日本人とウルトラマン
第3回「植物感覚と怪獣の本質」

中沢新一

中沢 新一(なかざわ しんいち)

1950年、山梨県生まれ。思想家・人類学者。明治大学野生の科学研究所所長。インド・ネパールでチベット仏教を学び、帰国後、人類の思考全域を視野にいれた研究分野(精神の考古学)を構想・開拓する。著書に『チベットのモーツァルト』、『森のバロック』『フィロソフィア・ヤポニカ』『アースダイバー』『カイエ・ソバージュ』シリーズ、『芸術人類学』『野生の科学』『大阪アースダイバー』『熊楠の星の時間』ほか多数。日本の各地における歴史や文化の生成を人文科学と自然科学の両観点から解き明かそうとする試みである「アースダイバー」プロジェクトや展覧会の監修など、多岐に渡る活動を展開している。

 『ウルトラQ』の企画がスタートして、第1回制作エピソードとなったのが「マンモスフラワー」です。前回は、日本映画に最初に登場した怪獣であるゴジラの持つ思想的重要性について、歴史的文脈の中で話しましたが、『ウルトラQ』の最初でもあるこの「マンモスフラワー」は、ゴジラの抱えていたテーマと重なり合いながらも、背景となる時代の変化に合わせて新たな展開をとげています。『ウルトラQ』という作品の時代設定は明確に語られているわけではありませんが、制作当時(1964年~66年)の同時代的な背景が描かれていると考えられます。今回からしばらくは、この「マンモスフラワー」にはじまるウルトラ怪獣の本質について、時代背景の話とともに詳しく語っていきたいと思います。

「東京」という都市

 1960年代の東京は、高度経済成長のただなかにありました。戦争の焼け野原から復興をとげた東京の戦後の姿を、言ってみればもう一度破壊して、さらに豊かな現代東京へと作り変えていったのがこの時代でした。それは一方で、慣れ親しんだ古い東京が壊されていくということを意味します。このことはとりわけ、戦後に人格形成していた子供には少なからぬショックを与える出来事となりました。昨日まで楽しく遊んでいた空き地が、ある日突然閉鎖されて工事現場になっていく、そこに新しい建物が立っていくわけで、これは、子供にはまったく理不尽に思われることでした。そのことを大人に訴えても、「これは発展のためだし、いいことなんだから」というわけですが、子供にとっては納得しがたい不条理なんですね。