TEXT SIZE

標準
円谷怪獣のひみつ

円谷怪獣のひみつ

切通理作

(撮影・杉本晋一)

切通理作 きりどおし・りさく

1964年、東京都生まれ。文化批評。『怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち』『怪獣少年の<復讐> 70年代怪獣ブームの光と影』(洋泉社)『お前がセカイを殺したいなら』(フィルムアート社)『ある朝、セカイは死んでいた』(文藝春秋)『山田洋次の<世界>』(ちくま新書)『ポップカルチャー・若者の世紀』(廣済堂出版)『失恋論』(角川書店)ほか多数。『宮崎駿の〈世界〉』(現ちくま文庫)でサントリー学芸賞受賞。2013年12月より、日本映画批評メルマガ『映画の友よ』(夜間飛行)を配信中。それが昂じて初監督作品『青春夜話 Amazing Place』(アルバトロスよりDVD化)、責任編集の雑誌『シネ★マみれ』を作る。

第3回 怪獣、それは現在・過去・未来の出会い?

海の向こうとの出会い

 言うまでもなく、日本は海に囲まれた島国である。『ウルトラQ』の第3話「宇宙からの贈りもの」は、「♪海は広いな大きいな」と歌いながら、セスナから下界を見下ろしているレギュラー出演者のパイロット・万城目淳(佐原健二)と毎日新報記者・江戸川由利子(桜井浩子)の姿から始まる。

 この回では、火星から運ばれてきた卵から怪獣ナメゴンが生まれるが、その卵を入れたカプセルは、海に着水し、たまたま三原山の撮影でセスナに乗っていたこの2人によって目撃されたのだ。

 「海」は、日本に住む者にとって、外界との間をつなぐ媒介となっている。
 第5話「ペギラが来た!」では、南極観測の日本基地の人々が、冷凍怪獣ペギラと遭遇する。第20話「海底原人ラゴン」では、海底火山の取材で岩根島を訪れた万城目たちが、海底五千メートルで棲息していたラゴンが地上に上がってきたところに出くわす。
 第23話「南海の怒り」では、日本の遠洋漁業船がコンパス島付近で遭難し、それが島で守護神となっている大蛸スダールの仕業であったことがわかる。
 海を媒介にして、視聴者が怪獣と出会う回が、『ウルトラQ』には少なくない。
 第12話「鳥を見た」では、漁村に流れ着いた、何世紀も前の帆船で目撃された小鳥が巨大化して、猛威を振るう。この船は四次元を旅してきたのではないかと、一の谷博士は推測する。