TEXT SIZE

標準
円谷怪獣のひみつ

円谷怪獣のひみつ

切通理作

(撮影・杉本晋一)

切通理作 きりどおし・りさく

1964年、東京都生まれ。文化批評。『怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち』『怪獣少年の<復讐> 70年代怪獣ブームの光と影』(洋泉社)『お前がセカイを殺したいなら』(フィルムアート社)『ある朝、セカイは死んでいた』(文藝春秋)『山田洋次の<世界>』(ちくま新書)『ポップカルチャー・若者の世紀』(廣済堂出版)『失恋論』(角川書店)ほか多数。『宮崎駿の〈世界〉』(現ちくま文庫)でサントリー学芸賞受賞。2013年12月より、日本映画批評メルマガ『映画の友よ』(夜間飛行)を配信中。それが昂じて初監督作品『青春夜話 Amazing Place』(アルバトロスよりDVD化)、責任編集の雑誌『シネ★マみれ』を作る。

第4回 怪獣、それは<悪>ではない?

 『ウルトラQ』第1話「ゴメスを倒せ!」で、古代怪獣ゴメスと原始怪鳥リトラの実在を大人たちに訴えるジロー少年。

 彼は大の古生物好きであり、リトラに自分の思いを仮託して、ゴメスをやっつけてもらおうとする。
 第18話「虹の卵」の少女ピー子は、ウランを食べる地底怪獣パゴスが出す「金色の虹」が生み出す(と信じている)「虹の卵」が、足の悪いおばあちゃんを治すことができるかもしれないと思って、それを探そうとする。

 つまり、ジローとは違ってピー子にとって、興味の対象は怪獣ではない。しかし、怪獣が出現しなければ、「虹の卵」というファンタジーも生まれなかったのだ。

怪獣と<終末への不安>

 第20話「海底原人ラゴン」は、怪獣の名前がそのまま題名になっているが、ゲストとしての中心人物である、伊豆半島から離れた岩根島在住の海洋地質学者・石井博士にとって、関心があるのは「日本は沈没するかもしれない」ということだ。二億年前に地球を支配していた海底原人ラゴンの卵が生きたまま発見されたという事は、地殻の変動が起こっている事の「証拠」として重要視されている。
 かつて海底に我々人類とは違う人類がいて、しかもいまだ生きている……というのは、大変な事実であるはずだが、石井博士の興味の中心はそこではないのだ。