TEXT SIZE

標準
新連載『ウルトラマンネクサス』アプローチ

『ウルトラマンネクサス』アプローチ
「受け継がれてゆく魂の絆」の証言録
第4回『絆・ネクサス』

アベユーイチ(『ウルトラマンネクサス』監督 ※監督表記は阿部雄一)

菊地雄一(『ウルトラマンネクサス』特技監督)

長谷川圭一( 『ウルトラマンネクサス』シリーズ構成・脚本)

渋谷浩康(『ウルトラマンネクサス』プロデューサー)

——はじめに 『新たなるデュナミストの物語』

渋谷 『ウルトラマンネクサス』アプローチ。第3回は憐編という事で、小中監督と、アベ監督と当時の思い出等を振り返っていきたいと思います。

一同 よろしくお願いします。

渋谷 第1・第2クールで描かれた姫矢編の大団円の後の新章突入編という事で、シリーズ構成の中では明るいキャラクターにガラッと変えていこうという事を決めて企画準備が進められていた憐編は、脚本的にもシリーズ構成の長谷川さんが全体を見ながらも、メインライターにまた違った魅力を持った方にご登壇頂きたいという事で、これまで温存されていた太田愛さんにメインライターとしてご登板頂きました。

アベ 太田さんに憐編を任せようっていうのは、割と初めの頃から決まっていた?