TEXT SIZE

標準
円谷怪獣のひみつ

円谷怪獣のひみつ

切通理作

(撮影・杉本晋一)

切通理作 きりどおし・りさく

1964年、東京都生まれ。文化批評。『怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち』『怪獣少年の<復讐> 70年代怪獣ブームの光と影』(洋泉社)『お前がセカイを殺したいなら』(フィルムアート社)『ある朝、セカイは死んでいた』(文藝春秋)『山田洋次の<世界>』(ちくま新書)『ポップカルチャー・若者の世紀』(廣済堂出版)『失恋論』(角川書店)ほか多数。『宮崎駿の〈世界〉』(現ちくま文庫)でサントリー学芸賞受賞。2013年12月より、日本映画批評メルマガ『映画の友よ』(夜間飛行)を配信中。それが昂じて初監督作品『青春夜話 Amazing Place』(アルバトロスよりDVD化)、責任編集の雑誌『シネ★マみれ』を作る。

第8回 科特隊、それは生きている<人間>

 『ウルトラQ』に続く『ウルトラマン』から、怪獣と相対するための専門チームが登場する。「科学特捜隊」、通称「科特隊」である。
 前回でも触れたが、『ウルトラマン』のメイン監督である円谷一が作詞した主題歌の歌詞で、その1番と締めくくりの3番に歌われているのは、主にウルトラマンではなく、科学特捜隊のことについてであると、筆者は思う。もちろん、ウルトラマンに変身するのは科特隊員の1人・ハヤタ隊員であるのだから、科特隊のことを歌うのが、『ウルトラマン』の主題歌であったとしてもおかしくない。「ウルトラマンとその仲間たち」が一丸となって怪獣たちに立ち向かっているという構図だ。
この主題歌は、映像の監督(しかも「特撮の神様」円谷英二監督の長男)が作詞しただけあって、視覚的なものが次々と浮かんでくる歌詞になっている。
 まず冒頭で歌われる、胸についている「流星」マーク。番組を観ている者なら、これを聴いて、真っ先にイメージするのは、科特隊の胸に付けられた流星をあしらったデザインのバッジであろう。このバッジは無線機であり、連絡を受ける時にはキラキラと光り、アンテナを伸ばして対話する。