TEXT SIZE

標準
円谷怪獣のひみつ

円谷怪獣のひみつ

切通理作

(撮影・杉本晋一)

切通理作 きりどおし・りさく

1964年、東京都生まれ。文化批評。『怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち』『怪獣少年の<復讐> 70年代怪獣ブームの光と影』(洋泉社)『お前がセカイを殺したいなら』(フィルムアート社)『ある朝、セカイは死んでいた』(文藝春秋)『山田洋次の<世界>』(ちくま新書)『ポップカルチャー・若者の世紀』(廣済堂出版)『失恋論』(角川書店)ほか多数。『宮崎駿の〈世界〉』(現ちくま文庫)でサントリー学芸賞受賞。2013年12月より、日本映画批評メルマガ『映画の友よ』(夜間飛行)を配信中。それが昂じて初監督作品『青春夜話 Amazing Place』(アルバトロスよりDVD化)、責任編集の雑誌『シネ★マみれ』を作る。

第9回 怪獣、それは永遠の<ライバル>

 『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』の怪獣造型を担当した高山良策の造形日誌が、雑誌に連載として分割掲載されていたことがあったが、番組オンエアの日に、よく近所の子どもたちが観に来ていたことが記されている。
 『ウルトラQ』はモノクロだったが、『ウルトラマン』はカラー番組で、怪獣の多彩な色をじかに見ることが出来るようになった。とはいえ、当時は多くの視聴者にとって、まだモノクロ視聴が当り前だった時代。カラーテレビを持つ家は、近所の子どもたちが集まる場と化していた場合も多く見られたのではないかと思われる(もちろん、家主が鷹揚であった場合に限られるが)。
 『ウルトラマン』において、怪獣は単なる敵役ではない。ウルトラマンや科特隊が主人公なら、怪獣はもう一方の主役であり、お話の進行も、出現理由、目的、倒し方の作戦立案と実行等、怪獣の特性をめぐって進むことが多い。
 テレビで毎週怪獣の活躍が観れることがアピールポイントだった『ウルトラQ』に、巨大なヒーローと、対怪獣に特化した部隊が加わったのが『ウルトラマン』である……という番組スタートの経緯が、このことを当たり前の前提にした。
 『ウルトラマン』には多種多様な怪獣が登場する。しかし、『ウルトラQ』と違い、クライマックスはウルトラマンと格闘しなければならない。そのためには、二足歩行型怪獣がもっともふさわしいスタイルといえよう。
 もちろん、バリエーションを付けるためには、姿かたちにも多様性が求められる。第17話に登場する、手も足もない巨大な隕石のような姿である四次元怪獣ブルトンは、その極北だ。この回は、ブルトンが引き起こす四次元現象の描写に力点が置かれ、その能力で行動が操られてしまうウルトラマン……という、普段は見られない展開が、格闘とは別の面白さを提供している。