TEXT SIZE

標準
第11回:『レッドマン』

TSUBURAYAライブラリー
第11回:『レッドマン』
(1972年4月24日~10月3日)
日本テレビ系/月曜~土曜:7時30分~7時35分/全138話

解説:中落合たかし

過剰な正義は反面教師!?
配信時代に再ブレイクした
愛すべき“赤いあいつ”!

西暦より元号がポピュラーだった昭和。昭和40年代に入った1965年スタートの『おはよう! こどもショー』を語る上では、やはり昭和を使いたくなってしまう。そう、昭和40年代の子供たちは、寝ぼけ眼(まなこ)でこの番組を観てから学校に向かった。いまや『おはスタ』以外、大人向け情報ワイド番組になった民放の朝は、かつて幼児から小学生のための時間だった。キューピーちゃんこと石川進の司会で、ロバくんやガマ親分といったキャラクターが魅力的だったのが、日テレの人気番組『おはよう! こどもショー』。昭和47年(1972年)に大幅刷新が決まり、番組中盤に5分枠(正味約2分40秒)の新コーナーが創設されることになった。白羽の矢が立ったのが、低予算ながらも、前年の秋までTBSの夕方で好視聴率を誇っていたヒーローvs怪獣による格闘番組『ウルトラファイト』的な作品。そこで誕生したのが『レッドマン』である。